FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クールな女性出張者 

タイOL時代の重要なお仕事の一つに日本本社や関連会社からの出張者の
各種手配というのがありました。

超大物が来るとなると、会社を挙げて壮大な準備をしてお迎えするの
だけど、普通の出張者の場合は、上司から丸投げされて、一人コツコツ
とお迎えの準備を進める。当時、その会社では一大プロジェクト遂行中
で、駐在員の他に数百人単位の出張者が来タイしていた。私の部署だけ
でも常に数十名の出張者がいて、タイに慣れてない方々のお世話は
かなり大変だった。(いかん、今更ながら愚痴っぽくなってきた!)


タイ出張は天国でしょ~!?
ポチお願いします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

そんな中で印象的だったのが、数少ない女性出張者。
男性優位の会社の中でバリバリと仕事をこなす彼女らは美しく輝いて
見えた。

同じ部署の女性が来タイする場合、「女性」ということもあって、
いつもは運転手だけで空港に迎えに行ってもらうところを、私も一緒に
迎えに行ってホテルまで送ったり、仕事の後もご飯をご一緒したり・・・

タイに長く留まっていた私には、日本でハードながらもやりがいのある
仕事をし、世界中を出張する彼女達がまぶしくて仕方なかった。
そう本人に伝えると、「そむたんさんの方がずっとすごいですよ。
海外で働こうって思ってそれを実現してるなんて・・・そのバイタリティ、
うらやましいです」 嫌味ではなく、心からそう言ってくれてるのが
わかる。うれしい、もっともっと彼女を尊敬してしまう。



長くてもほんの数週間の滞在だったけど、その間、何回も一緒にタイ料理
を食べに行ったり、女性にとって数少ないバンコクの夜の娯楽・オカマショー
などご一緒したりして・・・

日が経つにつれて「昨夜は一人でフードコートで夕ご飯食べてみました」
「昨夜は疲れちゃってたので、日本から持ってきたインスタント非常食
食べてそのまま寝ちゃいました」とか、ラブリーなご報告。

オフィスでも、日本人の女性出張者が来ているということで、タイ人
スタッフがすごく意識しているのがわかる。明らかに私に向けるのとは
違う羨望のまなざし。

どういうわけか、そんな彼女らも、大半が結婚・出産を期に退職して
しまったり、転職してしまったりでほとんどその会社には残っていない
らしい。なんかもったいないことしてるよな、日本の会社。


応援よろしくお願いします♪
ポチっ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://somtantan.blog97.fc2.com/tb.php/99-50b24df7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。