スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケ一日体験入店☆その1 

「子連れでタイ旅行」シリーズはあともう少し続くのですが、
ここでちょっと一息。ちょっと飽きてきたんでね


長いことタイに住んでいるといろんな体験をするものです。

ある日、ちょっとした話の流れで取引先の方とカラオケに
行くことになりました。皆さんご存知の通り、タイで
「カラオケ」と言えば、純粋にカラオケBOXで歌いまくる
わけではなく、お姉さんが横につくキャバクラみたいな
ところを指します。日本のキャバクラと違うのは、お店で
楽しんだ後、お金次第でいろいろなオプションが…って
ところです。

アジアのブログがいっぱい!FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

在タイ日本人男性にはおなじみのカラオケですが、女性で
その店内に足を踏み入れる方はかなり少ないと思われます。

まだ若かった私は「カラオケに行ってみたい!どうして
みんなはまるのか、その謎をさぐりたい!」とことあるごとに
周囲に言っていたらしく(本人はあまり記憶がなく)、
ある日突然、カラオケ体験ツアーが組まれた。今思えば、
女の私がついていったら、皆さんはいつも通り振舞うわけも
なく、「謎」は解かれるわけもないのに

とにかくよく見てやろうという気合いをいれつつ、スクンヴィット
の「ペ○サス」というお店に入店。案内人の方曰く、「高級で上品
なお店」とのことでしたが、本当のところどうなんでしょう?
タニヤにカラオケ店なんていくらでもあるのに、あえて「ペ○サス」
を選んだってことはいろんな想いがあったのでしょうね…
女性に見せられるギリギリの範囲ってとこなんでしょうか?

案内人の方は店の偉い方とお知り合いで、最初にお店の人に
店内を案内してもらいました。このお店は入口からして、
金キラ金☆赤絨毯に不思議な置き物に…ゴージャスというか
なんかへんてこなような。ものすごい違和感を感じるんだけど
まあ非日常感を味わうにはこれぐらいの演出が必要なのか、
と思ったり。

まだ早い時間でお客も少なかったので、いろんなカラオケルーム
を見せていただきました。偉い方を接待できるように、いろんな
大きさのいろんな趣向を凝らしたお部屋があります。なぜか
大きなベッドがあるお部屋にも案内されたんですが、あれは
なんだったのでしょう

「その2」に続きます。

あの部長のドメインが、ワタシのより可愛いなんて・・・・。

アジアのブログがいっぱい!FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://somtantan.blog97.fc2.com/tb.php/35-6cfcd200

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。